医療・介護ローンを借りる

医療・介護ローンを借りる



くわしくはこちら

1

1

1
銀行カードローン人気順.jp新着情報>医療・介護ローンを借りるなら、銀行カードローン人気順.jp
銀行を含む、おすすめカードローン、人気順に紹介 ⇒


医療・介護ローンとは、銀行などの金融機関が提供する医療費、入院費用、要介護者・お体が不自由な方のための介護機器購入、ホームヘルパーの費用、施設への入所費用など医療・介護全般について利用できるローンサービスです。

自身にかかる費用のほか、家族の医療費、両親の介護費用などに幅広く利用できることが特徴です。
特に高齢化社会となった現代では、介護にかかる費用は益々高額になっていますから、家族・両親にも使える医療・介護ローンは、万が一の時に大変役に立つ商品と言えます。

また、病気の治療だけでなく、出産のための費用や人間ドックなどの多くの予防的検診にも利用できます。
医療・介護ローンは、目的別ローンとして通常のフリーローンと比べて低金利なことがあげられます。

できるだけ日々の生活で起こり得る、また現代人には必要な医療・介護の面で、負担が軽減されるように上手く便利に使いましょう。


医療・介護ローンは、最近では多くなった医療、介護機器のレンタル資金として利用される方が多いです。
医療、介護機器はどうしても費用が高いので、レンタル資金としても大きな金額が負担となり、中々利用申し込みができないという方が多いと言われています。

そんな場合のレンタル資金として、または家族の介護が必要になった場合の介護資金として、すぐにまとまった資金が必要となります。
もちろん公的な貸付けもありますが、「生活福祉資金貸付制度」や「育児・介護休業対策資金」などは誰にでも利用が出来る訳ではありません。

65歳以上の高齢世帯や低所得者世帯が対象であったり、介護休業に関する証明書等の提出があったり、多くの制限がありその基準を満たすことが条件となります。
また、そうした公的な貸付けは迅速に利用できる制度ではないことが、よくありますから上手く利用できない場合は本当に困ってしまいますよね。

やはり、そうなるとすぐに借り入れできる銀行や信託銀行など、民間の介護ローンやフリーローンを申込みするほかありません。
医療・介護ローンは、目的別ローンですから貸付条件はフリーローンなどよりも比較的良いことが多く、融資額は10万円〜500万円、金利は4%程から、返済期間も長期のプランもあり大変利用しやすくなっています。

目的別ローンの多くは、担保や保証人を必要としない無担保ローンが多く、医療・介護ローンの資金使途については医療・介護に関するものと制限がつきます。
また、その利用した医療・介の明細も提出や・提示を求められる場合があることが一般的です。


◎医療面での利用として...
・ 自身や家族の美容整形、豊胸手術、歯列矯正やインプラント、それに保険適用外の高額医療費。
・ 人間ドックなどの予防的検診費用。
・ 出産費用。

◎介護面での利用として...
・ 介護用品・介護機器の購入資金
(車いす、介護用ベッド、移動用リフト等)
・ 介護のための住宅増改築資金
(手すりやスロープの設置、風呂やトイレの改築等)
・ 介護施設への入所一時金や付帯費用等
(遠距離介護の交通費等)

銀行等では、医療・介護分野の担当者を配置し、様々なニーズにお応えしています。
主な活動内容として、医療の高度化・少子高齢化の進展・制度改革など、医療・介護の業界を取り巻く環境は日々刻々と変化し続けております。
今では、医療・介護ローンの種類も様々ですから、ライフスタイルに合わせて便利に活用しましょう。

[当ページの貸付条件は、2013年5月28日時点の情報となります。]
また、使いみちやおすすめできる人気の高いカードローンを選びたいという方は、その他のカードローンとも比較して選ぶと良いでしょう。

銀行を含む、おすすめカードローン、人気順に紹介 ⇒


(C) 銀行カードローン人気順.jp 銀行を含むカードローンをおすすめ順に紹介新着情報プライバシーポリシー、利用規約、運営企業|相互リンク募集