教育ローンを借りる

教育ローンを借りる



くわしくはこちら

1

1

1
銀行カードローン人気順.jp新着情報>教育ローンを借りるなら、銀行カードローン人気順.jp
銀行を含む、おすすめカードローン、人気順に紹介 ⇒


教育ローン(きょういくローン)とは、主に金融機関が個人を対象におこなう、資金使途として教育関係経費に限定したローンのことです。
学生の保護者(扶養者)が、学費などの支払いのため利用する場合が多い。

教育ローン以外に、学生本人が借り入れする支援制度として奨学金があり、教育費以外(生活費や遊興費)の融資として学生ローンが一般的です。


教育費として教育ローンの対象になる場合は、高校・専門学校・大学といった義務教育以外とまた義務教育でも私立小学校・中学校での入学金や授業料があります。
私立の場合数十万から数百万円単位で、発生する多額の費用の場合もありますから、教育ローンはその分の補てん的な融資として受けられる商品として利用されています。

教育ローンは、住宅ローンや自動車ローンと並び、預金取扱金融機関とノンバンク(信販会社)が中心となって取り扱っています。

基本となる教育ローンの貸付は、主に「証書貸付」で借り入れする利用者の普通預金口座に融資金が入金される形となります。
しかし、資金使途が明確な教育ローンは、双方の手間を省くためそのまま相手方の学校や寮・賃貸物件の大家などの銀行口座へ直接振込するケースが多いようです。

現代の少子化なども踏まえた日本の教育事情では、子供により良い教育を受けさせることが最優先課題となっています。
教育ローンは、目的別の中でも自動車ローンよりもさらに金利が低い設定がされているなど、実際に利用しやすいローン商品となっています。


教育ローンの対象となる教育機関は、高校・短大・大学(大学院)・高等専門学校・専門学校・各種学校および大学受験予備校などとなっています。
民間の金融機関の中では、学習塾・サポート校なども対象としている場合もあります。

教育というもの全般ではないことを留意しなければなりません。
保育園の費用や習い事などのカルチャースクール・スイミングスクール・資格取得試験予備校・英会話教室などは対象外となります。

上記などは教育ローンの対象にはなりませんが、カルチャーローンといったものやフリーローンなどで借り入れ申込みをすることができます。
もちろん、低金利の教育ローンよりも金利は高くなりますが、「証書貸付」で利用できるので必要であれば、活用すると良いでしょう。

教育ローンは、ライフプラン上において、教育資金が不足する場合に利用しますから、あらかじめできれば自己資金を準備しておきたいものです。
子供には、「しっかりとした教育を受けさせてあげたい!」は当然ながら皆さんが思うことですが、返済は無理なく計画的におこなえるようにしましょう。

[当ページの貸付条件は、2013年5月28日時点の情報となります。]
また、使いみちやおすすめできる人気の高いカードローンを選びたいという方は、その他のカードローンとも比較して選ぶと良いでしょう。

銀行を含む、おすすめカードローン、人気順に紹介 ⇒


(C) 銀行カードローン人気順.jp 銀行を含むカードローンをおすすめ順に紹介新着情報プライバシーポリシー、利用規約、運営企業|相互リンク募集